top of page

あなたは非承認につながるような仮説を立てていませんか?





 ある課題をこなす愛する人の能力が現れたり消えたりするように見えるときに考慮すべき第2の可能性は、あなたが立てるべきでない仮説を立てているのではないかということです。あなたの愛する人には本当に、あなたがもっていると思っている能力があるのですか?時として、それは私たちがその行動を以前に目にしていて、その人にそれを繰り返すことを期待するせいです。例えば、ジャスティーンは自傷をやめようとしています。ジャスティーンにとって、あなたとの口論は合図(通常、最終的にジャスティーンが自傷するに至る連鎖を開始させる何か)になっています。あなたはジャスティーンのお金を管理しています。あなたは管理したくはないのですが、彼女はいつもお金を使いすぎてしまい、あなたに助けを求めてくるので、これは効果的な手段に思われました。数回、ジャスティーンのお金の配分方法について意見が分かれた後、彼女の自傷エピソードがありました。数週間前、ジャステーンはあなたのところに来て、車の頭金にするお金がほしいと言いました。あなたは彼女と予算を検討して、彼女には車の支払いをするだけの金銭面での安定性がないと説明しました。ジャステーンは失望しましたが、感情的苦痛に対処しました。

 それから数日後、彼女は新しいブーツを買うお金をもらいにあなたのところに来ます。すでに車についての話し合いをしていたので、あなたはただ「ジャステーン、買えないって知ってるわよね。小切手は切りませんよ。」と答えます。彼女が車についての「悪い」知らせをとてもうまく許容できたので、ブーツについてノーと言われることも彼女は許容できるものとあなたは考えます。しかし、彼女はそうできません。ひどく動揺し、自傷に及びます。何が起こったのでしょうか?


次回はこの続きを扱います。


「境界性パーソナリティー障害をもつ人と良い関係を築くコツ」シャーリ・Y・マニング著


閲覧数:10回
bottom of page