top of page

積極的受動性への反応方法 その2


もし、前回考えた4つの質問への答えに確信をもてないなら、次のステップとして、愛する人とちょっとした査定をしてみましょう。その人はあなたの助けを求めていて、あなたが助けるかどうかはもっと多くの情報を得ることにかかっています。

1「正確には何が問題なのですか?何が起きることが必要なのですか?」


◇あなたにできること:もし、その人に問題や望む結果が描写できなければ、問題をはっきりと定義できるように一緒に努力しましょう。その際は、その人と穏やかに解決策を探りましょう。その人が特定の問題に対処するための手順を考え出すのを助け、それから試してみることに同意させましょう。これがその人にとっていかに難しいことかあらゆる段階で伝承し、承認し、承認することを忘れずに。


2「必要なことを起こせないと恐れているのですか?効果を発揮するにはその人に怒りすぎているのですか?これをする必要があるということに困惑しているのですか?」

◇あなたにできること:これが問題になっているのであれば、あなたの愛する人にその状況の事実を点検させましょう。私たちはしばしば感情を事実として扱っているので、感情が行為を妨害するのです。例えば、あなたの愛する人がその人の家にある何かの修理を手伝ってもらうことについて、あなたのパートナーに話すのが怖いのであれば、その人は事実を見つめるべきです。あなたのパートナーはその人がやってもらいたがっていることを実際にできるのでしょうか?その人がお願いしたなら、あなたのパートナーはその人に身体的危害か精神的危害を与える可能性がありますか?(もし答えがイエスであれば、頼むべきではありません)

ポールは本当に銀行で、恥ゆえに死んだりするでしょうか?愛する人に「恥ずかしさのあまり死ぬのではないかと恐れているのは知っていますが、本当にそのような死に方をした人はいません。困惑しながらでも銀行には行けます。」「彼がノーと言うのではないかと恐れていることは知っています。実際のところ、恐れていたとしても、彼に聞くことはできるのです。」のように言って、その人の感情は感情にすぎず、感情があっても問題は解決できるのだと理解できるように手助けしましょう。


次回は残りの探求方法について引き続き取り上げます。


「境界性パーソナリティー障害をもつ人と良い関係を築くコツ」シャーリ・Y・マニング著


閲覧数:20回

Comentários


bottom of page