top of page

見せかけのコンピテンスに直面したとき、あなたにできること 2




  見せかけのコンピテンスに関して行うべき最重要事項は、行動パターンを思い出すことです。あなたの愛する人は外側に示しているものを内側では感じていないかもしれないと意識するだけでも、あなたの愛する人には行う能力がなさそうな行動を期待することには用心するでしょう。価値判断を下したり、あなたの愛する人が「ふりをしている」と考えたりしないように。見せかけのコンピテンスには「ふり」を装っている状態ではないのです。それは環境があなたの愛する人の行動に影響しているときに発生します。

  すなわち、次のうちのどれかです。


①あなたと一緒に支援的で思いやりのある環境にいることが、あなたの愛する人の自分の問題への感情的反応を弱める。


②あなたの愛する人は、多くの理由により、ある種の状況では感情と非言語的行動が一致しない。


③あなたの愛する人の行動は文脈から文脈へと般化されていない。あなたの愛する人はあなたより「有利になろう」としているのではなく、時間とともに発達してきた行動をしているのです。


次回は5つのステップの反応を使うことについて扱います。

  

「境界性パーソナリティー障害をもつ人と良い関係を築くコツ」シャーリ・Y・マニング著


閲覧数:26回

Comments


bottom of page