top of page

あなたの愛する人は感情をマスキングしていますか?




見せかけのコンピテンスは、多くの場合、感情を隠すことの最終的な結果です。人々は感情的に経験していることが顔や身体の動きに出ないようにするとき、感情をマスキングしています。感情の働きの一つは、わたしたちの経験を他人に伝え、それにより他人の行動に影響を与えるというものです。例えば、通常、誰かがあなたに怒っていることは顔の表情(顔をしかめる、眉をひそめる、)、非言語的行動(腕組みをする、手を握り締める)、言語表現(早口、大声、言葉遣い)からわかります。BPDを持つ人はしばしば、ネガティブな感情に関連する非言語的行動を自動的に抑制します。次のような理由からそうするのでしょう。


①子ども時代、ネガティブな感情を表すのは、(あるいは経験することさえも)不適切であると学んでしまった。

②長い間、ネガティブな感情の表明が環境により罰せられてきた。時には感情的な行動が過度で制御不能であったという理由からだが、時には何らかの感情的な行動があったというだけでそうされた。



次回はそのマスキングについて引き続き扱います。



「境界性パーソナリティー障害をもつ人と良い関係を築くコツ」シャーリ・Y・マニング著


閲覧数:32回

Comments


bottom of page