top of page
  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • Facebook ホワイトアイコン
  • Instagram ホワイトアイコン
BPD_ASD_FS_TOP.jpg

非営利任意団体
​BPD/ASD/ADHD
ファミリーサポートグループ(旧名:BPD家族会)

〜境界性パーソナリティ症・大人の神経発達症・発達性トラウマ(複雑性トラウマ)を支える
家族支援〜

新型コロナウィルスの感染が終息するまで、定例会・講座トレーニング・カウンセリングは、全てオンライン開催となります。
何とぞご理解のほどよろしくお願い致します。

  • 目的

  • ビジョン

  • 組織について

  • ​講師の紹介

  • 個別対面カウンセリング

  • メールカウンセリング

  • オンライン
    カウンセリング

  • 無料電話相談

講座・トレーニングの案内

  • 対応力向上講座

  • 定例会

 

定例会や講座等

​新着情報ページ

心理教育

疾病学習

傾聴技法

相互交流


 

講座のご案内

定例会(年間)
🖤2024年 定例会年間(定例会8回+スペシャル講座2回)
定例会1回
★定例会(定例会1回参加)
対応力向上(年間連続講座)
♦︎対応力向上のための講座(年間連続講座)
対応力向上(1回)
■対応力向上のための講座(講座1回+定例会1回)
衝動のコントロールに対処するのが難しく感じているあなたに
問題解決技法を身につけ、日々のトレーニングによって
現実に応用できるようサポートいたします!

​新着情報
定例会やスペシャル講座等

お知らせ

2024年度の講座はより受講しやすく、最新の情報と皆様のニーズに応じられるように検討された内容となっています。

2019年5月にICD11(世界保健機関〈WHO〉)総会で承認され30年ぶりに改訂されたことにより、パーソナリティー障害に関する診断がかなり変化し、今後BPDと診断されてしまった患者様やご家族は今までよりもさらに「路頭に迷う状態」になると予測されます。

そのために、心理教育を通してしっかり障害・疾病について学び、福祉制度について学び、トランジションに備えて法的機関についても学習することにより、「今から備え」をしておくことが大切です。

障害の対処は早ければ早いほど、当事者様の将来と私たちの将来も安心して過ごすことができます。
逆に対応が遅くなればなるほど問題が複雑化し山積みとなってしまい、どこから手をつけて良いのか混乱状態となります。

家族は、「治療」はできません。治療は専門家に任せます。
しかし、だからと言って家族は何もできないと諦めてしまうことも現実的ではありません。
何もしないことは、「楽」になるどころか、残念ながら途方に暮れるのが現状です。

家族や友人や関わる全ての方々にできることは、ワーカーとして当事者をサポートしてゆくことです。

ワーカーとは、医療相談・教育相談・福祉に関する相談など相談や支援を行う働きです。
家族も相談支援の一部となります。
家族の協力なくては、ご本人を専門の医療・カウンセリング・福祉・法的機関に繋げることができません。

なんとかなる
誰かがなんとかしてくれる
そのうち本人が大人になれば、結婚すれば、子供を産めば、仕事に就けば、いい大学に入れば「良くなるだろう」「本人も気付くだろう」「変化するだろう」と考える方が多いですが、多くの場合そうはならないのが現状です。
引きこもりのケースではありますが、いつか・・きっと・・・本人も気付くだろう・・・そのように「様子を見続けているだけで」年月があっという間に過ぎ去り5080問題が浮上してきたのです。

現実と向き合うことは大変辛いことでもありますが、愛する子供や家族を支えるワーカー役として今、私たちができることは何か?
2024年の講座や定例会で専門家と家族が一緒に問題や対処法について考えてゆきたいと思っています。

家族内で問題を抱え込むことでトラブルは大きくなります。
暴力などは、人が見えないところで、密室の中で生じます。
つまり、家族だけでなんとかしょうとするとかえって問題が悪化してしまうのです。
家族だけで、母親一人で、頑張ることは不可能です。
大事なのは孤立しないこと。助けを求めて支援につなげること。仲間を増やすこと。家族も本人から少し距離を置いて人と繋がること。
これが「救出」の第一歩となります。

本人が怒るので、そんなことはできない!と恐れを感じることでしょう。
でも、その状態から抜け出すには、第三者の助けが必要であることと、病気のことを理解するための心理教育は欠かせません。

まず、「ご家族が気づき」その状態から抜け出す必要があります。
でも、一人で行動することはとても難しく、病院は敷居が高い、聞きたいことも聞けずもどかしい、そんな思いをしているご家族は多いと思います。
それでまずは、弊社が提供している対応力向上の講座や定例会を通して、専門家と身近に関わっていただき、同じ境遇にある仲間とのコミュニティーを築き、一緒に問題解決の道を考えてゆく機会をご準備させていただきました。

ご協力してくださった先生方がいなければ決して実現することはできませんでした。
この場を通して本当に先生方に感謝を申し上げます。

弊社はこのような学びの機会をご提供させていただきますが、あとは「皆様次第」です。
学びを強制することはできません。
私たちは、体験してきたからこそ学びの大切さや、繋がることの大切さを知りました。
今、疲弊し、路頭に迷っている方々がご連絡してくださることを願いながらお待ちしています。

大きな一歩・大きな勇気が必要ですが頑張ってください!!
皆様のお越しをお待ちしています。

ファミリーサポートグループ代表
奥野栄子

2024年3月9日土曜日

15:00

15:00

7/14定例会

7月14日(日)
会場:セシオン杉並 第四集会室(丸ノ内線 東高円寺駅から徒歩5、6分)
開催時間:14:00〜17:00(延長あり)
参加費:お一人様一回 4.000円(※連続参加も可能です。お申し込みはフォームから)

【タイムスケジュール】
14:00~15:00 定例会(延長あり。後藤先生の講座が遅れる可能性あり。)
〈10休憩〉
15:10~17:00 後藤先生 講座と質疑応答(延長あり)

【参加条件】家族・親族・パートナ・友人・兄弟・姉妹・会社の同僚・上司・教師・弁護士・専門家・関心がある方 *当事者様のご参加はご遠慮お願いいたします*

【申込方法】定例会の申し込みはウェブサイト上の申込フォームから、または事務局アドレスbpdfajimu@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

【お願い】会場とオンラインzoom同時開催いたします。会場でご参加される方も、zoomでご参加される方も、それぞれ、zoom無料登録してご参加ください。会場でご参加される方は、ご自身の端末機器をご持参ください。ハウリングを避ける為イヤフォンのご持参もお願いいたします。

【お知らせ】定例会終了後有料のカウンセリングをご希望される方はお申込みください。カウンセリング申込先:bpd_chair@yahoo.co.jp

皆様のご参加、心よりお待ちしています!

2024年7月14日日曜日

5:00

8:00

講師:前半:ファミリーサポートグループ代表・心理カウンセラー奥野栄子、後半:後藤健治先生
第六回 対応力向上のための講座


6月22日(土)
*4月~6月の対応力向上講座はZOOMのみの開催となりました*
開催時間:13:00〜16:00(延長あり)

【参加条件】当事者を支援するご家族・親族・兄弟・姉妹・パートナー・友人・会社の上司・弁護士・教員・専門家・関心がある方。(当事者様のご参加はご遠慮ください)

【参加費】お一人様1回 8.000円(※料金は対応力向上講座と定例会のセットとなっております。7/14の定例会にもご参加ください。連続参加も可能です。)

【申込方法】ウェブサイト上の申込フォーム、または事務局bpdfajimu@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

自分が感じていることを安心して話せる場、受け止めて共感してくれる場となると思います。ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。



ファミリーサポートグループ
奥野栄子

2024年6月22日土曜日

4:00

7:00

講師:福井里江先生
bottom of page